石井十次記念友愛社


「孤児の父」と謳われる石井十次。
日本の福祉事業の先駆者で、中原地区にある石井記念友愛社は十次の思想を受け継いで創立されました。友愛社は、岡山孤児院の分院として開設されたもので、その一角には「石井十次資料館」があり、十次の写真パネル、日記、当時の書類などが展示されています。人間国宝の芹沢恵介が制作したステンドグラスも一見の価値があります。

   【石井十次】
慶応元年(1865)に高鍋町に生まれ、最初は岡山で医学を学んでいましたが、ある貧しい母子との出会いをきっかけに、23歳で本格的な児童救済事業を始めます。岡山孤児院を創設し、「孤児の父」と呼ばれた十次の元には、一時は1200名もの子どもたちが収容されたといわれます。施設内には私立の小学校も開設され、ユニークな教育も行われました。
やがて、フランスの思想家ルソーの『エミール』の感化を受けた十次は、木城町の南端にある茶臼原で「自然・労作」教育をしょうと、明治27年、岡山からの大移住を開始します。児童や職員はもとより、建物も解体して茶臼原の地に再現し、そこで理想的な農村共同体を実現するつもりでした。ところが、大正3年に十次は志半ばで倒れ、その事業はいったん閉じられます。その後、昭和20年に太平洋戦争被災児救済を目的に再開。「石井記念友愛社」が創設され、児童擁護施設や保育園も運営されることになりました。