うなま地蔵夏祭り 

     「エイサー交琉祭」

      商工会 TOP

美郷町北郷区では、町づくりや地域振興への取り組みが、新しい「まつり」となって実を結んでいます。
古式豊かな祭りが継承される一方で、柔軟な発想から新しい形のイベントが生まれ、定着しているのです。
今や町を代表する祭りのひとつとなった「宇納間地蔵夏まつり」も、こうした動きの中から生まれました。
夏まつりは、毎年8月の第一土曜日、盛大に開催されます。
やまめのつかみ取りから始まり、小学生、中学生、地元愛好者による演奏、盆踊り、沖縄の子供たちのエイサー、歌謡ショーと子供から大人まで区民総出演のプログラムが続きます。
近隣市町村からの出演もいただくなど、多彩な演目が自慢です。

期日 8月 3日(土)
会場 美郷町役場北郷支所横すまいる広場

 【 プログラム 


14時00分 テント村オープン
       
15時30分 オープニング・セレモニー
      (北郷小〜マーチング、黒木小〜歌と踊り、
       婦連協〜レクダンス「星降る里は、君の故郷」
       豊見城市子ども会+北郷区子ども会のエイサー)
      
16時15分 天尊降臨ヒムカイザー・ショー
 
17時00分 歌謡ショー(長谷川万大)
        村上三絃道(津軽三味線)
        橘太鼓 響座
         (村上三絃道と響座との共演あり)

18時30分 第5回エイサー交琉祭みさと

20時00分 町民総踊り(盆踊り「たかなべ」、北郷音頭)

20時20分 天翔獅子 獅子舞ショー
         (エイサーとの共演あり)

21時00分 特殊花火 〜 終了

   *開始時刻は多少前後する場合があります。



【過去の夏祭り写真より】

エイサー総踊りは祭りのクライマックス!


さまざまな楽しいステージショー!


たくさんの人でにぎわう出店スペース


【夏祭りゲストの紹介】

「大御神社天翔獅子保存会」
 日向のお伊勢さま 大御神社の「天翔獅子舞」は、地元の有志によって舞われる。全国でも例のないストーリー性をもった力強く雄々しい独自の舞で、毎年秋の大御神社宵祭りはもちろん、正月境内での初舞、また日向市内外の様々な式典・祝賀行事で舞われ、多くの人々に大きな感動を与えている。

「村上三絃道」

 1972年、津軽出身の初代家元が宮崎市に設立し、演奏普及活動にまい進する。その夢は二代目に引き継がれ、津軽三味線をはじめとして、太鼓、笛、鳴り物等の演奏と、歌唱の指導にあたる傍ら、国内はもとより、アメリカ、カナダ、スペイン、ブラジルなどの海外公演も行い、反響と感動を呼んでいる。また、アジア各地で伝承される弦楽器やクラシック音楽など様々なジャンルとのジョイントコンサートを実施するなど、幅広い活動を展開している。


橘太鼓「響座」
 古来より、日本の音、文化の魂として鳴り響き続けている和太鼓。今、日向の国の若者たちが故郷宮崎の自然や歴史・文化・人の心を音に託し、力強い鼓動を伝える。
 それは、大地に降り注ぐ太陽の音。それは、青く澄み渡る大海原のつぶやき。
 そしてそれは彼方に聞こえる古の調べ。
 橘太鼓「響座」は、平成の新しい歴史を築き上げようと、日向の鼓動を打ち鳴らす。

沖縄県・宮崎県の
  エイサーグループ


 夏祭りはエイサー。沖縄・宮崎の愛好会が一同に集まります。最大の山場はエイサーと「天翔獅子」とのコラボレーション!最後まで目の離せない暑い夜になります。

 ◆エイサー交琉祭出演団体(予定)

・城(ぐすく)太鼓(沖縄県)

・九州保健福祉大学
 エイサーサークル琉球魂(延岡市)

・エイサーグループ絆(北郷区)

・琉球國祭り太鼓宮崎支部
 (宮崎市)

・うなまエイサーグループ琉星会 (北郷区)