宇納間地蔵祭 

宇納間地蔵尊由来

宇納間地蔵菩薩は、今を去る1200有余年の昔、奈良朝時代天平勝宝年間の名僧行基菩薩が、一刀を刻する毎に三礼をされつつ彫刀を揮るわれた、一刀三礼の霊佛と伝えられています。その敬虔な姿を思い浮かべる時、地蔵菩薩の御形相も感一入深きを覚えます。
平安朝の末期、天台の僧・正岸僧都が諸国行脚の際日向路を巡錫し、宇納間村市木の里に一寺を建立、梅花山宝蔵寺と号し、地蔵菩薩をご本尊として祭祀されました。これが宇納間地蔵尊の縁起です。

爾来御本尊延命地蔵菩薩は、地区民の信仰をあつめていました。古事記によれば当時の境内は八町四方とされており、堂宇の宏壮さや輪喚の美も想像に難くないが、天正6年(1578年)切支丹信者として有名な、豊後の大友宗麟が日向に侵攻した際兵火に罹り、堂宇は焼失したが、御本尊は山頂に飛在してご安泰であった。この事から庶民の信仰愈愈深く、御堂を建立して祭祀を篤うしました。その後、元禄元年(1688年)旧地に堂宇を再建して 移奉しました。

星移り歳変わって百十余年、光格天皇の御宇、徳川十一代将軍家斎(いえなり)の享和2年(1802)、延岡藩内藤政韶藩主の砌、偶々江戸市中に大火が起こり、藩邸も将に類焼の危殆に瀕した際、剃髪暁山と号されていた前藩主政修公が神仏に祈誓をこめられた処、忽然と屋根に異僧が現れ、古記録には『水を注ぐごと大雨の如し』とあり、遂に鎮火して藩邸は類焼を免れた。

 公の喜びは一方ならず、直ちに異僧の所在を八方たずね求められたが、発見することができなかった。公をはじめ藩臣一同、感謝の念とともに奇異の感に打たれたのであった。

  つづく  

          TOP

 

旧暦正月の二十三日〜二十五日
地蔵祭りが行われ
 特に中日の二十四日が盛況で 百数十軒の出店と近隣市町村から2万人の人出でにあう。
3日間のうち1日は火消しの雨が降るといわれる。