米作りの条件は、良質の土と水、そして人・・・。宇納間では、どんな品種で米を作っても味が良いです。昼はよく太るが夜は冷え込むため、呼吸が抑制され、米のうまみがにげないからです。
また、農協や生産者などが、協力して品種の研究や栽培の工夫に取り組み、実においしい米を作りだしています。
「同じ品種でも宇納間の米は違う!」そう言わせる力がうなま米にはあります。