トップページ > MAP > 黒北発電所
きよたけマップ
黒北発電所
現役では県内最古の水力発電所

現役では、県内最古の水力発電所

清武村が時代の文化的進展に大きく寄与した出来事に、水力発電の建設があります。
「日向水力電気株式会社」という会社が、清武川上流の豊富な水源を利用して黒北に建設し、明治40年に当時の宮崎町付近に初めて送電しました。
出力200キロワット。これが宮崎県で一般に電灯がともされた最初でした。
県内の電源開発事業はこの後、めざましい発展を遂げていきますが、その始まりが、清武川の水力を利用した黒北発電所だったわけです。発電所は当時の姿そのままに、今も電力を供給し続けています。

清武町商工会 〒889-1613 宮崎市清武町西新町9番地7 TEL:0985-85-0173 FAX:0985-85-0136