商工会はこんな仕事をしています
商工会は、主に町村における商工業の総合的改善発達を図るとともに、社会一般の福祉の増進に資することを目的として、法律に基づき設立された「特別認可法人」です。
三股町商工会では、地域の経済団体として、商工業者に対する各種経営支援業務をはじめ、地域商工業の活性化事業や地場産品の販売促進事業、またイベント等の開催等地域総合振興活動や社会福祉活動にも積極的に取り組んでいます。
経営改善普及事業
小規模事業者の経営または技術の改善発達を図るためのもので、国・県の補助を受けて商工会の事業の中でも特に重要なもののひとつです。この事業には、国が認定した経営指導員等が従事しており、金融・税務・経営・労務などについての適切な指導及び助言等を行っています。
◎金融相談
保証人や担保等、金融面でさまざまな制約を受ける小規模事業者の方々を主体に、無担保・無保証人の制度や無利子、低利等条件の良い各種融資制度の推薦等を行ないます。
具体的には、各種施策情報を参照下さい。
◎税務・記帳相談
税務申告を正しく理解していただくために、記帳から決算まで一貫した継続指導を行っています。
     また、記帳が困難な方に対する記帳代行業務の制度もあります。
◎経営相談
売上げや生産を伸ばすために、店舗の運営や技術の改善などについて相談に応じ手助けをします。
     また、中小企業診断士などの専門家による店舗・工場診断なども実施しています。
◎労務相談
従業員の退職金や労働保険などの労働問題についてのアドバイスを行ないます。また、労働保険事務組合として労災保険、雇用保険などの代行事務をしています。建設業の一人親方を対象にした労災保険も取扱っています。
◎情報関係
パソコン導入や操作指導、またホームページの作成やネットショッピング等に関する相談指導を行なっています。
----------
地域総合振興事業
地域総合振興事業
商店街支援事業や地域産業おこしのイベント開催等を通じてまち(地域)の活性化に取組んでいます。

◎業種別部会活動
    共通する経営課題の解決や新しい事業機会の創出、また町内事業所の利用促
    進や事業者間の情報交換等を目的に、商業・工業・サービス業・地場産品の4部
    会が活動しています。本年度の主な事業は以下のとおり
 ■商業部会〜@販売促進講習会 A会員交流会 B会員交流会 C行政との懇談会
         D経営実態調査 など
 ■工業部会〜@電子入札セミナー A行政との懇談会 B先進地視察研修
         C団体安全衛生活動援助事業(たんぽぽ事業) など
 ■サービス業部会〜@個人情報保護法セミナー A行政との懇談会 B会員交流会
             C先進地視察研修 など
 ■地場産品部会 〜 @三股町物産展(町内外にて開催) A贈答用品の開発販売
             B公的機関活用研修会 C行政(担当課)との懇談会 など

◎商業活性化支援事業
    @合同歳末大売出し Aオリジナル商品券利用促進
    
その他、◎地区別懇談会どを計画しています。
----------
青年部による活動
青年部の活動内容とは・・・
早馬まつり、三股町ふるさとまつりの参加・協力をはじめ町内電話帳の作成、視察研修等を実施しています。また、講習会・講演会等も実施しています。
そして、平成17年度からローカルヒーロー「ミマタレンジャー」を立ち上げ、地域の子どもたちに喜んでもらえるような事業もスタートさせています。

加入資格・・・年齢が40歳未満で、商工会の会員である商工業者の方または親族で事業に従事する者。(独身女性は加入できます。)
----------
女性部による活動
女性部の活動内容とは・・・
三股町ふるさとまつりの参加協力をはじめ先進地の視察研修を行い、見聞を高め講習会・講演会等を実施して商工婦人としての教養を高めています。

加入資格・・・商工会の会員である商工業者の方、もしくはその配偶者または親族で事業に従事する女子。
----------
商工会の運営及び組織
商工会の運営とは・・・
(1)営利を目的としない。
(2)特定な個人や団体の利益の為に活動しない。
(3)特定の政党のために活動しない。
の原則に基づいて、公正な立場で事業を行っています。
三股町商工会の現況・・・
地区内の商工業者は、平成23年3月末現在で875名、会員数は455名で、組織率52.0%です。
商工会の役員の状況・・・
商工会は、会長1名、副会長2名、理事16名、監事2名の合計21名の役員体制です。
事務局は、事務局長1名、経営指導員2名、経営・情報支援員3名の計6名です。