teikiT.GIF (7k)

ikeda.jpg (13k)
所在地 梅北町払川
 都城島津家の医師池田貞記(1733〜1802年)は、早くから都城茶の振興につとめた。
 宝暦の始め、宇治に行き栽培法、製茶法を学び、さらに創意を加えて甘露・紅梅・白梅等の都城銘茶をつくり出した。
 宝暦七年(1757年)には、桃園天皇に献上して賞詞などを受けた。そのとき下賜された茶碗・土器は、歴史資料館に展示されている。
 天保九年(1838年)幕府巡見使一行が都城通過のとき「江戸で都城茶というのが名物であるが知っているか………茶の値段は如何ほどか………」といった質問があったことが記録にある。
 都城茶中興の祖ともいえる池田貞記は、享和二年(1802年)四月七日69歳で没し、墓は、都城の量海院墓地(東町都城税務署の地)にあったが、墓地整理に際し現在地(梅北町)に移されている。
 近年、製茶関係者によって「都城茶の恩人」として報徳碑が神柱神社境内に建てられた。
back.GIF (1970bytes)