中小企業退職金共済制度

  中小企業退職金共済制度(略称:中退協制度)は、昭和34年に国の註所

  企業対策の一環として制度された「中小企業退職金共済法」に基づき設け

られた社外積み立て型の退職金制度です。

 

 制度のしくみ

  1 事業主が中退共と退職金共済契約を結びます。後日、従業員ごとの共

済手帳を送付します。

  2 毎月の掛金を金融機関に納付します。掛金は全額事業主負担です。

  3 従業員が退職したときは、その従業員の請求に基づいて中退共から退

職金が直接支払われます。

 

 加入条件

業種

従業員

資本金

一般業種

300人以下

3億円以下

卸売業

100人以下

1億円以下

サービス業

100人以下

5千万円以下

小売業

50人以下

5千万円以下

 加入させる従業員

  従業員は原則全員加入させてください。

 ※ただし、定年などで短期間内に退職することが明らかな従業員、休職期間

 中の従業員、期間を定めて雇用する従業員は加入させなくてもよいことにな

っています。

 

掛金の選択

 従業員の年齢、仕事の経験度、勤続年数などに応じて、下記の種類から

選びます。

5,000

6,000

7,000

8,000

9,000

10,000

12,000

14,000

16,000

18,000

20,000

22,000

24,000

26,000

28,000

30,000

退職金額

 退職金額は、中小企業退職金共済事業本部のホームページから試算等がで

きます。 URL:http//chutaikyo.taisyokukin.go.jp/