南郷町商工会「商工業者応援・支援事業」

内容及びご利用いただける方 南郷町内で、以下の取り組みを行う事業所が対象となります。

(1)新規開業支援助成金

  新たに町内で開業する個人、または法人の代表者。ただし、開業にあたっては事前 に商工会の指導や相談を受けて開業することを条件とする。

(2)法人設立支援助成金
  会員企業の中で法人化計画のあるところの代表者。ただし、法人設立に際しては商工会が指定した専門家により設立手続が完了することを条件とする。

(3)建設業許可取得支援助成金
  会員企業の中で新たに建設業許可の取得をするところの代表者

(4)人材育成支援事業助成金
  会員企業の中で人材育成・資質向上のために各種研修化事業に派遣するところの代表者。ただし、各種研修については、宮崎県等が実施する研修、中小企業大学校が実施する研修、事業に関連するもので商工会長が必要と認めた研修とする。
限度額・対象となる費用 (1)新規開業支援助成金       30,000円

(2)法人設立支援助成金       50,000円

(3)建設業許可取得支援助成金  30,000円

(4)人材育成支援事業助成金    50,000円(最高限度額)
  @助成金は研修受講に係る費用を対象とするが、1企業に対し5万円を年間の上限
   とする。5万円以内なら何回でも可。
  A研修費用とは、受講料・交通費・宿泊費とするが、交通費・宿泊費については、
   商工会基準で算定したものとする。
  B各種免許等の取得費や他の機関等の補助を受けて行う研修事業への参加につい
   ては対象外とする。
交付までの流れ @助成金の申請
 南郷町商工会長に対し、助成金交付申請書(様式1)を提出してください。
                    ↓
A 助成金の審査
 商工会で審査を行い、諾否を決定します。
                    ↓
B通知
 適当と認めたときは、助成金交付決定通知書を申請者に通知します。また、交付決定しない場合も、その旨を通知します。
                    ↓
C助成金の請求
 交付決定通知を受けた申請者は、研修終了後、助成金請求書(様式3)並びに報告書(様式4)に以下の関係書類を添えて、商工会会長へ提出してください。
 ○ 新規開業支援助成金の場合は、税務署等への開業届の写し
 ○ 法人設立支援助成金の場合は、法人登記簿謄本の写し
 ○ 建設業許可取得支援助成金の場合は、取得した許可証の写し
 ○ 人材育成支援助成金の場合は、研修を修了する証明書類及び受講料等の領収書
   の写し及び研修参加者の受講レポート
                    ↓
D助成金の交付
その他 (1)交付決定通知後に申請内容等に変更及び取消しがあるときは、速やかに変更申請書(様式5)を会長まで提出してください。

(2)次のいずれかに該当する事項が生じた場合、申請者に対し助成金の全部又は一部 を返還させることがあります。
  @申請に不正があった場合
  A申請書等に不実の記載があった場合



                        このページの一番上へ