中  小  企  業  退  職  金  共  済

制度の概要

中退共制度は、昭和34年に中小企業退職金共済法に基づき設けられた中小企業のための国の退職金制度です。 中退共制度をご利用になれば、安全・確実・有利で、しかも管理が簡単な退職金制度が手軽に作れます。
 この中退共制度は、独立行政法人勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部(中退共)が運営しています。

制度の目的

中小企業者の相互共済と国の援助で退職金制度を確立し、これによって中小企業の従業員の福祉の増進と、中小企業の振興に寄与することを目的としています。

制度のしくみ

事業主が中退共と退職金共済契約を結び、毎月の掛金を金融機関に納付します。従業員が退職したときは、その従業員に中退共から退職金が直接支払われます。

国・県の助成があります

<新規加入助成>

新しく中退共制度に加入する事業主に
  (1)掛金月額の2分の1(従業員ごと上限5,000円)を加入後4か月目から1年間、国が助成します。
 (2)パートタイマー等短時間労働者の特例掛金月額(掛金月額4,000円以下)加入者については、(1)に次の額を上乗せして助成します。
 掛金月額2,000円の場合は300円
       3,000円の場合は400円
       4,000円の場合は500円

※ただし、次に該当する事業主は、新規加入助成の対象にはなりません。
同居の親族のみを雇用する事業主
社会福祉施設職員等共済制度に加入している事業主
適格退職年金制度から移行してきた事業主

<月額変更助成>

掛金月額が18,000円以下の従業員の掛金を増額する事業主に、増額分の3分の1を増額月から1年間、国が助成します。
20,000円以上の掛金月額からの増額は助成の対象にはなりません。
※同居の親族のみを雇用する事業主は、助成の対象にはなりません。
※助成額の10円未満の端数は、切り捨てになります。

<宮崎県の助成>

契約月から起算して3月を経過する月までの掛金を2で除した額(被共済者1人につき、5,000円を上限とする)

※詳細については商工会までお問い合わせください。