高崎町商工会
HOME
各種施策情報
事業所紹介
生活支援宅配便
みどころ
商工会
リンク集


谷川俵踊り
谷川俵踊り

戦国時代の天文十二年に都城領主北郷忠相、忠親父子郡と高城小山川原で、交戦し、戦死した高崎城主坂下総介の霊を祀る外達神社に五穀豊穣を祈願し毎年7月20日に踊られている。
踊り子は、男子青壮年12名、囃方は三味線2名、太鼓1名、拍子木1名、唄い手1名、織旗持1名で伝承されている。
高坂棒踊り
高坂棒踊り

明治17年のころ鹿児島県川辺郡から高崎大牟田村の高坂に移住した瀧立藤助が普及指導したと伝えられている。
通常は、12名で踊り、構成は六尺棒6本、三尺棒4本、鎌2丁で踊られる。
蔵元奴踊り
蔵元奴踊り

縄瀬蔵元で、埋もれていた伝統芸能を同地区の婦人会が中心に復元された踊りである。
紫色の着物に広帯で赤いけだしの装束で、それにねじりはち巻き、色帯のたすき掛け、空色の手甲、白足袋に藁草鞋を着用、楽器は三味線・太鼓、囃で通常12名で踊る。
東霧島龍神太鼓
東霧島龍神太鼓

東霧島神社は、古来より人々の幸福と繁栄を願う天地創造の化身「龍神」を信仰の対象としており、平成6年4月に町の活性化の為「龍神」の名前をつけた太鼓集団が発足した。


高崎ふれあいまつり

桜が舞い散る陽春の時期に高崎町の特産品即売会や郷土芸能の発表、各保育園の踊り、メインイベントとしての創作ダンスコンテストは、市内外から多くの参加者で盛り上がる春の一大イベント。
高崎ふれあいまつり1 高崎ふれあいまつり2 高崎ふれあいまつり3

高崎夏まつり

昭和44年8月から花火大会を実施。本年度で37回を迎える。祭り当日は、太鼓、ダンス、バンド演奏等のイベントと、最後には日本一星が綺麗に見える高崎町の夜空を1万発の花火が星空を彩ります。
高崎夏まつり1 高崎夏まつり2 高崎夏まつり3

高崎町どろんこバレーボール祭り

平成4年高崎町体育協会が体力の向上と職場の融和を目的として、実施している。本年度は、町内外から48チーム320人がエントリー、田植えを前にした田んぼで、泥まみれになりながらのミニバレーは、ストレス発散に最高です。
高崎町どろんこバレーボール祭り1 高崎町どろんこバレーボール祭り2 高崎町どろんこバレーボール祭り3

お田植え祭り

東霧島神社の伝統神事。かけ声にあわせて早乙女にふんした小学生がリズムよく田植えを行います。
お田植え祭り1 お田植え祭り2 お田植え祭り3