トップ    山之口町のご案内    歴史・史跡・観光    企業紹介    お役立ちリンク集





金 融

 事業資金の借入のお申込み・ご相談を受け付けています。
 無担保・無保証人のマル経資金をはじめとした各種融資制度の推薦等を行なっています。
 ただし、お申込みにあたっては、借入申込書以外にも様々な必要書類があります。
 なお、お申込みから融資実行までには、通常2週間〜1ヵ月を要しますので、融資が必要な方は、お早めに商工会へご相談ください。

  お申込みに当っては、一般的に
   ・決算書2期分(決算後6ヵ月を経過している場合には直近の試算表も)
   ・資産証明書(あるいは資産内容の分かるもの)
   ・納税証明書(あるいは領収証等、納税状況の分かるもの)
   ・既存の借入金明細書(借入先、借入額、月々の返済額、残高が分かるもの)
   ・設備投資(概ね300万円以上)の場合は、見積書
   ・法人の場合は、登記簿謄本(あるいは履歴事項全部証明書)などの書類が必要となります。
  
■マル経資金(経営改善貸付) 政府の緊急経済対策により拡充されました!!
  商工会長の推薦により、無担保・無保証人で融資が受けられる国民生活金融公庫の融資制度です。
  ただし、推薦には、商工会経営指導員の実訪調査及び金融審査委員会の審査が必要です。
 
 ◇融資対象者 @6ヵ月以上、商工会の経営指導を受けていること
  A所得税、住民税等すべて完納していること
  B常時使用する従業員が20人以下 (商業・サービス業は5人以下) の個人または法人
 ◇資金使途 運転資金・設備資金
  ※これまで運転資金に限られていた生活衛生関係の業種(飲食店、理美容、旅館等)の方も設備資金のご利用ができるようになりました。
 ◇融資限度額 1,500万円以内 ← 1,000万円以内
 ◇融資期間 運転資金  7年以内(据置1年以内) ← 5年以内(据置6ヵ月以内)
設備資金 
10年以内(据置2年以内) ← 7年以内(据置6ヵ月以内)
      
 ◇融資利率 固定金利(現在の融資利率はこちらをクリックしてください)


税 務

 正しい税務申告をしていただくための税務指導を行っております。
 申告書や各種届出書の書き方、減価償却費の計算方法など、お気軽にご相談ください。
 また、申告時期においては、派遣税理士による税務個別相談も行っています。


記 帳

 経理事務に不安のある方に対する記帳指導を行っています。
 勘定科目や仕訳など、経理に関する疑問・質問がありましたらお気軽にご相談ください。
 また、所定の日計表に日々の取引をご記入いただき、毎月ご提出いただくだけで、帳簿作成から決算までを商工会独自の『ネットde記帳』システムにより、スピーディーに処理する「記帳代行サービス」も行っております。


経 営

 売上げを伸ばすための店づくりや経営計画の立て方などについての相談指導を行っています。
 また、中小企業診断士や税理士、社会保険労務士などの専門家による個別指導(エキスパートバンク、経営力強化事業など)も行っています。(原則無料)
 さらに新規創業や経営革新(新分野・異業種への進出、新商品・新サービスの開発など)に関するご相談も随時行っております。


労 務

 従業員の退職金や労働保険などの労働問題についてのアドバイスを行ないます。
 また、「労働保険事務組合」として労災保険、雇用保険などの事務代行を行っています。


取 引

 日経テレコンを利用した取引先企業の情報入手(有料)や全国の商工会員だけが参加できる「商工会ネットワーク取引所」への登録(無料)、商品バーコード(JANコード)取得の手続きなど、取引に関する相談指導を行っています。


情報化

 パソコンの導入や操作指導、インターネットの活用やホームページの作成等に関する相談指導を行なっています。


講習会

 経営者の皆様にとって必要な知識や技術などに関する情報を提供するために、各種講習会や研修会を開催しています。お気軽にご参加ください。


共 済

 経営の安定を図るための各種共済を取扱っております。

■商工貯蓄共済
 わずかな掛け金で、「貯蓄」・「保障」・「融資」と幅広く皆様をお手伝いいたします。
 詳しくは、こちらをクリックしてください。
■小規模企業共済
 国が取扱う、小規模企業の個人事業主や会社の役員に対する退職金制度です。
 掛金は、1,000円から70,000円まで500円刻みで選択でき、全額が所得から控除されます。
 また、共済金は一時払(退職所得扱い)と分割払(公的年金等の雑所得扱い)が選択でき、課税が軽減される措置がとられています。
■中小企業退職金共済
 国が取扱う、中小企業の従業員を対象にした退職金制度です。
 掛金は、5,000円から30,000円まで、事業所負担で全額損金に算入できます。

 他にも、火災共済、自動車共済等各種の共済を取扱っています。


 ▲TOP